FAQトップよくあるFAQ新着FAQキーワード検索千代田区ホームページお問い合わせフォーム
Powerd by MatchWeb
FAQ詳細情報 印刷プレビュー
質問 所得が低く、滞在費(居住費)や食費の利用者負担額の支払いが大変なのですが、どうしたらよいでしょう?
回答
低所得の方の施設利用が困難とならないように、申請により負担の軽減を受けることができます。「介護保険負担限度額認定申請書」を提出してください。審査の結果該当された方には「介護保険負担限度額認定証」を発行しますので、サービスを利用するときに各施設に提示してください。
対象となるサービスは介護保険施設サービス及びショートステイです。

◆所得の低い方の滞在費(居住費)、食費の標準的な利用者負担額〈日額〉

【第1段階】 本人および世帯全員が住民税非課税である老齢福祉年金受給者、生活保護の受給者
 【居住費等の負担限度額】
  ・ユニット型個室     820円
  ・ユニット型個室的多床室 490円
  ・従来型個室       490円(320円)
  ・多床室            0円
 【食費の負担限度額】   300円

【第2段階】 本人および世帯全員が住民税非課税で、合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の方かつ、配偶者が非課税かつ預貯金等が単身1,000万円以下・世帯2,000万円以下
 【居住費等の負担限度額】
  ・ユニット型個室     820円
  ・ユニット型個室的多床室 490円
  ・従来型個室       490円(420円)
  ・多床室          370円
 【食費の負担限度額】   390円

【第3段階】 本人および世帯全員が住民税非課税で、利用者負担段階第2段階以外の方かつ、配偶者が非課税かつ預貯金等が単身1,000万円以下・世帯2,000万円以下
 【居住費等の負担限度額】
  ・ユニット型個室    1,310円
  ・ユニット型個室的多床室1,310円
  ・従来型個室      1,310円(820円)
  ・多床室           370円
 【食費の負担限度額】    650円

*介護老人福祉施設と短期入所生活介護を利用した場合の従来型個室の負担限度額は、( )内の金額となります。

*限度額を超えた分は、特定入所者介護サービス費として介護保険から施設に支払われます。 

問い合わせ先
千代田区保健福祉部高齢介護課介護事業指定係
  〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1 
  電話 03-5211-4336
  FAX 03-3239-8606
  • FAQ作成課:保健福祉部 高齢介護課
  • FAQ-NO:FAQn7930
  • 更新日:2018/04/01
この質問は役に立ちましたか?
◎役に立った ○参考になった △役立たなかった
よくあるFAQ
>>続きを見る
最近見たFAQ